Loading...
2018年、ヴェネチア国際映画祭で作品賞<InterFilm部門>を受賞し、東京国際映画祭コンペティション部門でも上映するなど、世界各国の劇場を笑いに包んだ本作がいよいよ日本で公開!ドラマの脚本家見習いのサラーム役には、「パラダイス・ナウ」のカイス・ナシェフ、検問所のイスラエル軍司令官アッシ役には、テレビを中心にキャリアを持つヤニブ・ビトン。劇中のドラマで主演女優を演じるのは、「灼熱の魂」のルブナ・アザバル。監督は、「歌声にのった少年」で脚本を務め、本作でも自ら脚本を手がけた、イスラエル生まれのパレスチナ人であるサメフ・ゾアビ。
国境の両サイドが、1つの情熱で一緒に!芸術的な職人技!
Le Monde
ユーモアを貫き、対立を和解させることに成功!
La Croix
対立に深く切り込みながら、ユーモアとフムスがうまく機能
Le Dauphiné Libéré
知性輝くコメディ★★★★
Le Figaro
風刺がとても巧妙。時々感動。そして、たくさんの笑い!
Le Journal du Dimanche
サスペンスとブラックユーモアの完璧なバランス
20 Minutes
エルサレムに住むパレスチナ人青年のサラームは、 パレスチナの人気ドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場で言語指導として働いているが、撮影所に通うため、毎日面倒な検問所を通らなくてはならない。ある日、サラームは検問所のイスラエル軍司令官アッシに呼び止められ、咄嗟にドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するため、毎日サラームを呼び止め、脚本に強引にアイデアを出し始める。困りながらも、アッシのアイデアが採用されたことで、偶然にも脚本家に出世することになったサラーム。しかし、ドラマが終盤に近付くと、結末の脚本をめぐって、アッシ(イスラエル)と制作陣(パレスチナ)の間で板挟みになったサラームは窮地に立たされるー。果たして、彼が最後に振り絞った“笑撃”のエンディングとは!? 
1967 年、第三次中東戦争の3ヶ月前のテルアビブ。街の中心にスパイとして送り込まれたパレスチナ人女性のマナルは、フランスから来たユダヤ人移民“ラヘル”と名乗っていた。彼女の使命はイスラエルの戦争計画をつかむために、イスラエル軍で最も力を持つ将軍イェフダと出会い、誘惑すること。マナルはマスターシェフとして、テルアビブで最高のフレンチレストランをオープン。“ラヘルのレストラン”はイスラエル軍本部の向かいに位置していた。それをきっかけに、彼女はイェフダに近づき、美味しいフランス菓子で彼の興味を惹き、やがてラヘルとイェフダは恋人関係に。しかし、マナルは本当に恋に落ちてしまう。彼女はパレスチナの主義を忘れたのだろうか?

  • 1978年6月12日、イスラエル・タイベ生まれのパレスチナ人。ベイトツヴィパフォーミングアーツで演技を学び、05年に、ゴールデン・グローブ外国語映画賞を受賞した『パラダイス・ナウ』で主演を演じ、大きな話題となる。その後、キリスト降誕を描いた『マリア』(06)、リドリー・スコット監督の『ワールド・オブ・ライズ』(08)、『オオカミは嘘をつく』(14)などに出演。そして、本作では、ヴェネツィア国際映画祭のInterFilm部門で主演男優賞を受賞し、脚光を浴びる。ルブナ・アザバルとは、『パラダイス・ナウ』でも共演している。
  • 1978年7月1日、イスラエル・エルサレム生まれ。TVを中心に活躍。出演作に、『時の彼方へ』(08/東京国際映画祭)、『Mars at Sunrise』(14)、『Kicking Out Shoshana』(14)がある。2018年、本作の東京国際映画祭上映時に、サメフ・ゾアビ監督とともに来日。
  • 1985年11月15日、イスラエル・ナザレ生まれ。『カメルのはかりごと』(12)、『ガザの美容室』(15)、『歌声にのった少年』(15)、『サバイバー: 生きるに値するもの』(16)、『サラとサリームに関する報告書』(18/東京国際映画祭)、『ラヤルの三千夜』(18)、『コードネーム エンジェル』(18/Netflix)。サメフ・ゾアビ監督の『Ish lelo selolari』(10)に出演経験がある。
  • 1973年8月15日、ベルギー・ブリュッセル生まれ。ブリュッセル王立音楽院で学んだ後、演劇からキャリアをスタート。05年にカイス・ナシェフと共演の『パラダイス・ナウ』で注目される。続くリドリー・スコット監督の『ワールド・オブ・ライズ』(08)でもカイスとともに出演。BBCのTVドラマ「The Honorable Woman」(14)では、マギー・ギレンホールとともに主要人物を演じる。主役に抜擢されたドゥニ・ヴィヌルーヴ監督の『灼熱の魂』(10)は、世界各国の映画祭で賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、一躍脚光を浴びる。そのほかの出演作に、『復讐者のメロディ』(18)、『マグダラのマリア』(18)、『ビヨンド・ザ・ロウ』(18)、『グレイン』(17/東京国際映画祭「東京グランプリ」)、『ロック・ザ・カスバ!』(13)、『向かい風』(11/Netflix)、『英雄の証明』(11)、『愛より強い旅』(04)、『ビバ・アルジェリア!』(04)などがある。
  • 1935年9月9日、ヨルダン・マダバ生まれ。TVを中心にキャリアをスタートし、映画は、『ウィーウエンド・ラブ』(73)に出演後、『黒いジャガー/アフリカ作戦』(73)、田宮二郎主演の『イエロー・ドッグ』(73)、ロジャー・ムーア主演『ゴールド』(74)、『ピンク・パンサー2』(75)、『風とライオン』(75)、『007 私を愛したスパイ』(77)、『007/リビング・デイライツ』(87)、『ロシアン・ルーレット』(91)、『アベンジャーズ』(98)、『シリアナ』(05)など数々の作品に出演。『キャプテン アブ・ラーイド』(07・未)では、主演を演じた。
  • 1976年、6月22日、イスラエル・ハイファ生まれ。テルアビブ大学の演劇学科を卒業後、ヤッファのアラブヘブライ劇場に入団し、キャリアをスタート。演劇・TVを中心に活躍し、ダンサーとしての顔も持つ。主な出演作に、『オマールの壁』(13)、『アメリカン・アサシン』(17)、レイチェル・ワイズ主演『アレクサンドリア』(09)などがある。TVでは、HBOの大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(16)にも出演経験がある。
1978年6月12日、イスラエル・タイベ生まれのパレスチナ人。ベイトツヴィパフォーミングアーツで演技を学び、05年に、ゴールデン・グローブ外国語映画賞を受賞した『パラダイス・ナウ』で主演を演じ、大きな話題となる。その後、キリスト降誕を描いた『マリア』(06)、リドリー・スコット監督の『ワールド・オブ・ライズ』(08)、『オオカミは嘘をつく』(14)などに出演。そして、本作では、ヴェネツィア国際映画祭のInterFilm部門で主演男優賞を受賞し、脚光を浴びる。ルブナ・アザバルとは、『パラダイス・ナウ』でも共演している。
1978年7月1日、イスラエル・エルサレム生まれ。TVを中心に活躍。出演作に、『時の彼方へ』(08/東京国際映画祭)、『Mars at Sunrise』(14)、『Kicking Out Shoshana』(14)がある。2018年、本作の東京国際映画祭上映時に、サメフ・ゾアビ監督とともに来日。
1985年11月15日、イスラエル・ナザレ生まれ。『カメルのはかりごと』(12)、『ガザの美容室』(15)、『歌声にのった少年』(15)、『サバイバー: 生きるに値するもの』(16)、『サラとサリームに関する報告書』(18/東京国際映画祭)、『ラヤルの三千夜』(18)、『コードネーム エンジェル』(18/Netflix)。サメフ・ゾアビ監督の『Ish lelo selolari』(10)に出演経験がある。
1973年8月15日、ベルギー・ブリュッセル生まれ。ブリュッセル王立音楽院で学んだ後、演劇からキャリアをスタート。05年にカイス・ナシェフと共演の『パラダイス・ナウ』で注目される。続くリドリー・スコット監督の『ワールド・オブ・ライズ』(08)でもカイスとともに出演。BBCのTVドラマ「The Honorable Woman」(14)では、マギー・ギレンホールとともに主要人物を演じる。主役に抜擢されたドゥニ・ヴィヌルーヴ監督の『灼熱の魂』(10)は、世界各国の映画祭で賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされ、一躍脚光を浴びる。そのほかの出演作に、『復讐者のメロディ』(18)、『マグダラのマリア』(18)、『ビヨンド・ザ・ロウ』(18)、『グレイン』(17/東京国際映画祭「東京グランプリ」)、『ロック・ザ・カスバ!』(13)、『向かい風』(11/Netflix)、『英雄の証明』(11)、『愛より強い旅』(04)、『ビバ・アルジェリア!』(04)などがある。
1935年9月9日、ヨルダン・マダバ生まれ。TVを中心にキャリアをスタートし、映画は、『ウィーウエンド・ラブ』(73)に出演後、『黒いジャガー/アフリカ作戦』(73)、田宮二郎主演の『イエロー・ドッグ』(73)、ロジャー・ムーア主演『ゴールド』(74)、『ピンク・パンサー2』(75)、『風とライオン』(75)、『007 私を愛したスパイ』(77)、『007/リビング・デイライツ』(87)、『ロシアン・ルーレット』(91)、『アベンジャーズ』(98)、『シリアナ』(05)など数々の作品に出演。『キャプテン アブ・ラーイド』(07・未)では、主演を演じた。
1976年、6月22日、イスラエル・ハイファ生まれ。テルアビブ大学の演劇学科を卒業後、ヤッファのアラブヘブライ劇場に入団し、キャリアをスタート。演劇・TVを中心に活躍し、ダンサーとしての顔も持つ。主な出演作に、『オマールの壁』(13)、『アメリカン・アサシン』(17)、レイチェル・ワイズ主演『アレクサンドリア』(09)などがある。TVでは、HBOの大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(16)にも出演経験がある。
1975年、イスラエル・ナザレ近くにあるパレスチナ人の村・イクサル生まれ。98年、テルアビブ大学を卒業後、映画研究と英文学を学ぶため、NYのコロンビア大学でフルブライト奨学金を受け、M.F.A(美術学博士号)を取得。05年に、短編映画「Be Quiet」がカンヌ映画祭に出品され、翌06年、フィルムメイカー・マガジンによって、「インディーズ映画界の新しい顔のトップ25」の1人に選ばれる。本作は、ヴェネチア、トロント、ロカルノ、サンダンス、カルロヴィヴァリほか世界各国の映画祭で上映・受賞し、世界から新たな才能として注目を浴び、今後の作品も期待される映画作家である。
FILMOGRPHY

2018 テルアビブ・オン・ファイア
2015 歌声にのった少年 *脚本のみ
2013 UNDER THE SAME SUN *TV映画
2012 MAWSEM HISAD *共同監督
2010 MAN WITHOUT A CELL PHONE
2005 BE QUIET *短編