Loading...
30年間、夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ。そんな苦労も娘からは理解されず、老人施設への入居を勧められ、人生の終わりを感じていた。そんな時、町のフィッシュアンドチップス屋で「追加の注文をしても良い?」と聞いたイーディに、「何も遅すぎることはないさ」と答えた店員。その言葉に閃いたイーディは、かつての夢だったスイルベン山に登ることを突如決意し、たった一人でロンドンから夜行列車に乗りスコットランドへ。偶然出会った地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂へ登る訓練を始める。イーディの偏屈な態度が災いし、最初は喧嘩を繰り返しながらも、ジョニーの丁寧な指導により、登山グッズの使い方やルートの確認と共に、人に頼ることの大切さも学んでいく。そして準備を整えたイーディは、ついにスイルベン山へ向かうー。
主役を演じるのは撮影時イーディと同じ83歳という高齢だったシーラ・ハンコック。実際に山に登り、過酷な撮影に挑んだ。またスイルベン山で撮影された息をのむほど雄大で迫力の映像も必見。イーディと共に、大自然の美しさに涙し、笑ったり、ドキドキしたり、学んだり。一歩踏み出せば、いつだって人生はさらに豊かになると勇気づけられる感動作。
1933年2月22日イギリス ワイト島に生まれ、その後両親がパブを経営するロンドン キングス・クロスで育つ。ダートフォードグラマースクールから、助成金を受けて王立演劇学校(Royal Academy of Dramatic Arts=通称RADA)に入学。 その後ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーおよびロイヤル・ナショナル・シアターでの出演のみならず、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの最初の女性芸術監督となり、ロイヤル・ナショナル・シアターのオリヴィエ劇場で監督を務めた最初の女性となった。また、ケンブリッジシアターの準芸術監督でもある。シーラは、1974年に、女王の誕生日の栄誉リストで、演劇への貢献によりOBE(大英帝国四等勲爵士)を、更に2011年にも、女王の新年の名誉リストで、演劇への貢献でCBE(大英帝国三等勲爵士)を授与されている。プライベートでは、イングランド バースの劇団で出会ったアレック・ロスと1955年に結婚。1964年に現在女優兼プロデューサーの娘メラニー・ソー(別名:エリー・ジェーン)を出産している。1960年代から、TVや映画の世界でも活躍し、映画では、「スリーメン&リトルレディ」(1990) 、「ラブ&デス」(1997)、「愛をつづる詩(うた)」 (2004)、「縞模様のパジャマの少年」 (2008)に出演。TV映画の「The Russian Bride」とBBCのTVシリーズ「Bedtime」で英国アカデミー賞(BAFTA Awards)主演女優賞にノミネートされた。2019年にはTVシリーズ「Delicious」などに出演している。作家としても活躍し、自叙伝「Ramblings of an Actress」(1987)、「Just Me」(2008)に続いて、2度目の夫ジョン・ソーとの思い出を綴った「The Two of Us」(2009)はオーサー・オブ・ジ・イヤーに輝き、最新作は小説「Miss Carter’s War」(2014)がある。
1988年3月21日スコットランド・ニールストン生まれ。スコットランド ペイズリーの劇団PACE Theatre Companyに最年少で入団しテレビや映画の小さな役を得て、その後、王立スコットランド音楽アカデミーで演技を学んだ。2010年にスコットランド国立劇場の演目「ピーターパン」で主役を演じた後、2011年に演技の学士号を取得して卒業。トラファルガースタジオでのジェームズ・マカヴォイ主演舞台「マクベス」に出演する一方で、ミュージカル映画「サンシャイン/歌声が響く街」(2013)で重要な役を演じ注目を浴びた。ロバート・カーライルの監督デビュー作「バーニー・トムソンの殺人日記」(2015)や、「ウイスキーと2人の花嫁」(2016)、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 (2016)、「ダンケルク」(2017)、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018)に出演している。
1986年9月14日スコットランド・グラスゴー生まれ。ケン・ローチ監督のグラスゴーとスコットランドが舞台の「天使の分け前」 (2012)ロビー役で映画のキャリアをスタート。その役で英国アカデミー賞スコットランド・アワード(BAFTA Scotland)主演男優賞にノミネートされた。翌年には、BBCスコットランドのドラマ「River City」や、スカーレット・ヨハンソン主演「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」 (2013)、「サンシャイン/歌声が響く街」(2013)にも出演。その後アイルランドの犯罪ドラマ「Love / Hate」(2014)第5シーズンでスコッティ役を演じ、「ラスト・デイズ・オン・アース」<未>(2014)、英国アカデミー賞スコットランド・アワード(BAFTA Scotland)受賞のスリラー「The Dark Mile」(2017)に出演している。
1985年9月9日スコットランド・アバディーンシャー生まれ。TVシリーズ「Torchwood」(2008)、TVシリーズ「Casualty」(2008-2009)、TVシリーズ「SEXとアートと美しき男たち」(2009)、TVシリーズ「ビーイング・ヒューマン/シーズン2」(2010)、TVシリーズ「アガサ・クリスティー ミス・マープル5 蒼ざめた馬」(2010)、TVシリーズ「ワンス・アポン・ア・タイム /シーズン5」(2015~2016)、TVシリーズ「The White Princess」(2017)と途切れることなくTVで活躍する一方、映画では「パンプキンヘッド 禁断の血婚」(2007)で映画デビューを果たし、ホラー映画「エンパイア・オブ・エイプス」(2007)や「ヴィジット 消された過去」<未>(2015)に出演。シリアル・キラーを描いた「The Chameleon」ではシドニー・インディ映画祭で助演女優賞にノミネートされ、「T2 トレインスポッティング」(2017)にも出演している。
1958年1月イギリス・ラドレット生まれ。1980年にピーター・シャファー演出「Yonadab」タマー役としてロイヤル・ナショナル・シアターの舞台に出演し、ジャン・ジャック・バーナード演出「Martine」の主役を演じ、ローレンス・オリヴィエ賞最優秀主演女優賞にノミネートされ、イブニング・スタンダード・シアター・アワード新人賞を受賞。その後数々のロイヤル・ナショナル・シアターの名作に出演し続けている。TVでは、TVシリーズ「Play for Today」(1978)でデビューし、2013年まで28本のTVシリーズに出演。映画ではリチャード・ギア主演の「ヤンクス」(1979)で映画デビューし、「Birth of the Beatles」(1979)、「High Tide」(1980)、アガサ・クリスティー原作「クリスタル殺人事件」(1980)、アン・バンクロフト、アンソニー・ホプキンス、ジュディ・デンチ出演「チャーリング・クロス街84番地」<未>(1986)に出演している。
1969年5月26日イングランド・レスター生まれ。スコットランドのダンフリースシャーで育ち、7歳の時に初めての映画「Spaceman」を作った。授業にも出ず、スーパー8カメラを手に森で撮影に明け暮れていた子供時代をへて、ザイールに旅してコンゴ川流域の生活をスーパー8カメラで撮影しドキュメンタリーを製作。1990年にイギリスのファーナムにあるクリエイティブアーツ大学で映画制作を学んだ。 卒業後に手がけた短編映画「Wired」が評価され、250万ドルの出資がつき完成した長編デビュー作「キリング・オブ・サイレンス/沈黙の殺意」<未>(1999)が、英国インディペンデント映画賞で“最も期待の新人”選出&最優秀インディペンデント映画賞ノミネート、シネニグマ・ルクセンブルク国際映画祭ヨーロピアン・ファンタジー・フィルム・グランプリ受賞、ファンタフェスティバル特別審査員賞受賞など数々の映画祭で受賞。ニューヨークポスト紙も「近年最もサスペンスフルな作品」「今年最も恐ろしい低予算映画」と絶賛。また、本作のプロデューサーであるマーク・ストザートと製作したCMが評判を呼び、広告業界でも“期待の新人”に選出され、広告業界の大物ボブ・イシャウッドの目にもとまり、その後、ブリティッシュ・エアウェイズやブリティッシュ・ハート財団、保険会社ロイヤル・サン・アライアンス、ドイツの銀行ポストバンク、レインダンス・フィルム・フェスティバルなど、多くの大企業や映画祭のCMを手がけた。 大物プロデューサーエドワード・R・プレスマンによるSF大作映画「ミュータント・クロニクルズ」(2008)に3年もの歳月を費やした後、ついに自らの情熱を注ぐ本作の企画を開始し、ベルリンとロンドンとスコットランドの山々を巡り、本作が完成した。
広告代理店で少しだけ勤務した後、テリー・ストーンが監督をつとめる広告制作会社にアシスタントとして入社し、わずか9ヶ月でプロデューサーに昇進。その後、ハガード&フィリップス・プロダクション・カンパニーにプロデューサーとして入社。そこで出会った監督のジョン・S・クラークと1年後にジョン・S・クラーク・プロダクションを設立し、15年間チームを組んで、世界中を旅し、想像力やロジックに飛んだ表現でBMW、ブリティッシュ・エアウェイズ、英自動車メーカー ボクスホール、英電気通信業者BTなどの広告を手がけ、数々の賞を受賞した。2000年に独立してInfinity社を立ち上げ、経験豊かで才能のあるディレクターたちと強力なグループを作り上げ、会社は成長を続けている。
1966年アイスランド生まれ。L.A.のアメリカン・フィルム・インスティチュートで撮影を学び、撮影現場でローダーとして働き始め、やがてガンズ・アンド・ローゼズやニルヴァーナ、ビョークなどのMVやライブコンサートの撮影を手がけ、ガンズ・アンド・ローゼズの3年に及ぶ世界ツアーに同行し、彼らのライフスタイルや130ものコンサートを6本のドキュメンタリーに撮影。その中の1本である「Guns N' Roses: Estranged - Part IV of the Trilogy!!!」(1994)は監督も兼任した。その後、音楽ドキュメンタリー「Pop In Reykjavik」(1998)でも監督を兼任。撮影として参加したアイスランドの実写映画「Málmhaus」 (2013)でアイスランド・アカデミー賞(エッダ賞)撮影賞にノミネートされている。またポルシェ、メルセデスベンツ、サムスン、フォードのCMを手がけている。
1963年ロンドン生まれ。TVシリーズ「A Week in Politics」(1982)でキャリアは始まり、ウィレム・デフォー主演「愛しすぎて/詩人の妻」(1994)、ティルダ・スウィントン主演「イヴの秘かな憂鬱」(1996)、ジュード・ロウ出演「オスカー・ワイルド」(1997)、ロマン・デュリス主演「ルパン」(2004)など、イギリスでデビーの映画音楽やテレビ番組のテーマ曲を聞いたことのない人はおそらくいない程たくさんの作品に携わり、本作サイモン・ハンター監督のデビュー作「キリング・オブ・サイレンス/沈黙の殺意」<未>(1999)も手がけた。TVシリーズ「The Good Guys」(1992)でテレビジョン・アンド・ラジオ・インダストリーズ・クラブ・アワードTRIC賞受賞。TV映画「ウォリアーズ/インポッシブル・ミッション」(1999)で英ロイヤル・テレビジョン・ソサエティ賞テレビジョン賞受賞。
アイルランド生まれで現在ダブリンを拠点に活動。2008年にロンドン映画学校を卒業後、シカゴ、イギリス、アイルランドで撮影された芸術/文化ドキュメンタリー「The MINIATURE MAKERS」(2017)や数本の短編の脚本を書いたが、本作が初長編作品。現在、サイモン・ハンター監督とのアフリカを舞台にした長編映画の脚本に取り組んでいる。
1982年5月3日イングランド・ランカシャー生まれ。ロンドン・ソーホーの広告業界で経験を積み、現在ではアウディ、Gillette(ジレット)、ボーダフォンなどの世界中のCMの編集を手がけている。2013年には映画界にも進出し、初長編映画「Unlucky Plaza」(2014)は世界中で受賞し、2作目の「Trafficker」(2015)でマドリッド国際映画祭編集賞にノミネートされた。その後もハリウッドのホラー「THE OFFERING」(2014)や、パキスタンのウルドゥー語の映画「MY PURE LAND」(2015)を手がけている。またポストプロダクションで新しい波を作り出す編集集団FLOCKの創設メンバーでもある。