MOVIE

TOP > > MOVIE > ショック・ドゥ・フューチャー
LCDF_poster.jpg


choc_b5u.jpg



ショック・ドゥ・フューチャー

8/27公開

1978年、パリ。

誕生したばかりの電子楽器に魅せられ、未来的な音の響きに心躍らせる、

若き女性ミュージシャンと友人たちの一日を描く青春音楽映画。

ストーリー

未来の音楽は、すぐそこにー!

1978年、パリ。若?ミュージシャンのアナは、依頼されたCMの作曲にとりかかっていた

ものの、納得のいく曲が書けずにいた。ある日、アナは偶然、見たこともない日本製の

リズムマシン(ROLAND CR-78)を手に入れ、その音色に魅せられる。時はエレクトロ・

ミュージックの世界的なブレイク前夜。シンセサイザーやリズムマシン、シーケンサー

などの電?楽器が普及し始め、?本でもYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が

結成されブームを巻き起こしていた頃。近未来的な?の響きに?躍らせるアナと友?

たちを、エモーショナルに描いた。主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー

(『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』)を祖父に持ち、モデルとしても活躍する

アルマ・ホドロフスキー。男性優位の?楽業界で奮闘するアナを熱演。監督は

?楽ユニット「ヌーヴェル・ヴァーグ」の活動でも知られるマーク・コリン。

スロッビング・グリッスル、スーサイド、ディーヴォ、ザ・フューチャーなど、

70年代後半を象徴する楽曲の数々も聴き逃せない。

 (HOMEに戻る) 

スタッフ

監督:マーク・コリン(音楽ユニット"ヌーヴェル・ヴァーグ")『ブレイク・ビーターズ』(音楽)

脚本: エリーナ・ガク・ゴンバ

製作:ガエル・ルフィエ、ニコラ・ジューディエ

撮影:ステファノ・フォルリーニ

編集:ヤン・マルコール『英雄は嘘がお好き』    

キャスト

アルマ・ホドロフスキー『アデル、ブルーは熱い色』

フィリップ・ルボ『スモーク・アンド・ミラーズ 1000の顔を持つスパイ』

ジェフリー・キャリー『ホーリー・モーターズ』

クララ・ルチアーニ

コリーヌ

2019年/フランス/フランス語/78分/シネスコサイズ/原題:Le choc du futurPG-12

配給:アット エンタテインメント

©2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films