MOVIE

TOP > > MOVIE > ビッチ・ホリデイ
holiday_b5o
holiday_main
HOLIDAY_sub1
HOLIDAY_sub2

ビッチ・ホリデイ

4/5公開

強欲が暴走する狂ったヴァカンスで、事件は起きる―

4月5日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷【未体験ゾーンの映画たち2019】にて公開

【同時公開作品】

「エリザベス∞エクスペリメント」1/11公開

「リーサル・ソルジャーズ」2/8公開

「悪霊館」4/5公開

「108時間」4/19公開

ストーリー

サンダンス映画祭 審査員大賞ドラマ部門ノミネートコペンハーゲン国際映画祭デンマーク・デビュー映画賞受賞/ニュー・ホライズンズ映画祭インターナショナル・コンペティション部門グランプリ受賞/ファンタスティック・フェスト ニュー・ウェイヴ賞&作品賞&監督賞受賞/ロンドン映画祭サザーランド賞ノミネート/ヨーテボリ映画祭ドラゴン賞ノミネート/BFIロンドン映画祭2018 第1回作品コンペティション部門正式出品/ルクセンブルク・シティー映画祭正式出品/ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭正式出品/モスクワ国際映画祭正式出品/シドニー映画祭正式出品/モトヴン映画祭正式出品/メルボルン国際映画祭正式出品/バンクーバー国際映画祭正式出品/オランダ映画祭正式出品/モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル正式出品

■introduction

サンダンスが驚愕・唖然!!!!

2018年カンヌ映画祭ある視点部門グランプリ受賞作の脚本を手がけた、大注目女性クリエイター監督作!

物理的にリッチな生活を送るが、精神的にも肉体的にもある男のルールに囚われた、ひとりの美しい女。拝金主義を体現したようなサーシャという女のゴージャスライフとはウラハラな、性と暴力に支配された奇妙な世界。実はこの物語、脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験に基づいたストーリー。監督は、「ぼくのエリ 200歳の少女」など話題作でスタッフとして経験を積んだ後に、2018年カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリ受賞作「Border(原題)」の脚本を手掛け、注目される女性クリエイター、イザベラ・エクロフ。「アメリカ人の観客がこの映画をどう観るのか、興味深いわ」と語る監督は、拝金主義な今の世界にひとつの問題提起をしているのか―

story

リッチな権力者 ビッチな愛人 夢を語るヨット乗り

甘い蜜には毒がある

ギャングファミリーを束ねるマイケルと、その愛人サーシャ。世界屈指のリゾート地でファミリーと一緒にヴァカンスを楽しんでいた。高価なプレゼント、ハイセンスなパーティ、誰もが羨むゴージャスな生活を引き換えに、マイケルからは存分に身体を弄ばれる。人間以下のクズ扱いを受けても、マイケルに付きまとう犯罪の匂いに勘付いても、今のインスタ映えする生活はやめられないー。そんなサーシャに転機が。偶然出会ったヨット乗りの好青年トーマスに、好意を抱くようになるのだが・・・。

 

スタッフ

監督・脚本:イザベラ・エクロフ

脚本: ヨハネス・オルグレン

撮影:ナディム・カールセン

編集:オリヴィア・ニーアガート=ホルム「デヴィッド・リンチ:アートライフ」

音楽:マーティン・ディルコフ

製作:デヴィッドB・ソレンセン

キャスト

サーシャ:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ

マイケル:ライ・イェダ

トーマス:タイス・ローマー

デンマーク=オランダ=スウェーデン/2018/92分/シネスコサイズ/ドルビーSRD/カラー/デンマーク語・英語・オランダ語/原題:Holiday

配給:アット エンタテインメント

(C) 2018 Apparatur ApS