ph_shisha_4c
soujuku_SUB4
soujuku_SUB3
soujuku_SUB5

早熟のアイオワ

2/22公開

ジェニファー・ローレンス 「世界にひとつのプレイブック」

                     X

クロエ・グレース・モレッツ「キック・アス」共演!!!

*上映終了しました。

東京:新宿シネマカリテ にて、2/22(土)より、3/15から新宿武蔵野館にて上映。

大阪:シネ・リーブル梅田にて、2/22(土)より

横浜:ブリリア ショートショートシアターにて、2/22(土)より

福岡:KBCシネマにて、2/22(土)より

神戸:元町映画館にて、3/8(土)より

名古屋:ピカデリーにて、3/15(土)より

京都:京都シネマにて、4/5(土)より

仙台:桜井薬局セントラルホールにて、4/26(土)より

静岡:ジョイランドシネマ沼津にて、4/26(土)より

ストーリー

*introduction*

2008ロサンゼルス映画祭 優秀演技賞受賞(ジェニファー・ローレンス)

  オスカー®女優ジェニファー・ローレンスの初主演作にして、初受賞作!!

  共演は「キック・アス」で大ブレイク直前の、クロエ・グレース・モレッツ!!

  ハリウッド注目の二大若手女優の原点がここに!!

売春婦の母親と暮らす少女たちの衝撃的な暮らしを描く本作は、

91年「ハートブルー」で注目を浴び、その後「プリティ・リーグ」、「タンク・ガール」など

話題作にも出演した女優ロリ・ペティが、自ら監督・脚本を手がけた自叙伝的映画。

劇中でロリにあたるアグネスを演じるのは、「世界にひとつのプレイブック」で見事

アカデミー賞®主演女優賞を受賞、「ハンガー・ゲーム」など話題作への出演が続く

ジェニファー・ローレンス。

自ら脚本を選び抜き、初主演した本作で初受賞を果たした。撮影当時17歳だった彼女は、

すでにそのプロ意識の高さと女優としての才能を証明する。

そしてその妹役には、「キック・アス」のヒットガール役で大ブレイクを果たした

クロエ・グレース・モレッツ。

10歳にして鮮烈な存在感を放ち、その才能の片鱗を見せつけている。

ハリウッドで今最も注目される二人が、最悪の環境に暮らす少女たちを、

痛々しくも力強く、体当たりで演じきった衝撃作。

*story*

  少女たちに突きつけられる、残酷な現実――大人になるしかなかった

1976年、アイオワ州のカウンシルブラフス。

この何もない小さな町で暮らす14歳のアグネス。

彼女の家は‘ポーカー・ハウス’。その不法居住者の家には、

夜になるとドラッグディーラーたちがポーカー賭博やセックス目的でやってくる。

しかも、母親はアグネスに売春を強要。常に危険にさらされた環境の中、

幼い妹2人を守りながら、絶望の底で生き抜こうと必死にもがく。

しかし、更なる過酷な事件が彼女を襲う――。

twilogof logo

スタッフ

監督・脚本:ロリ・ペティ

脚本:デヴィッド・アラン・グリア

製作:スティーヴン・J・キャネル

撮影:ケン・セング

キャスト

ジェニファー・ローレンス「世界にひとつのプレイブック」「ハンガー・ゲーム」

クロエ・グレース・モレッツ「キック・アス」「キャリー」

セルマ・ブレア「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」「ザ・フォッグ」

ボキーム・ウッドバイン「デビル」「Ray/レイ」

原題:THE POKER HOUSE/アメリカ映画/2008年/93分/英語/カラー/ドルビーSRD/R15+

© The Poker House LLC 2009/配給:アット エンタテインメント/宣伝:ビーズインターナショナル